お風呂も長年使用していると、壁や床、浴槽やカランなど、あちこち気になる部分が増えてきます。

ひどい場合は水漏れして、周囲の構造材に影響している場合なども有ります。



そこで、お風呂場をリフォームするのに、工期が短く、サンプルが豊富で分かりやすいユニットバスにする方も多いことでしょう。

基本も充実したwikipediaについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

ユニットバスは在来工法でのお風呂場に無いメリットも多いですが、気を付けて考えるべきところも有りますので、それらメリットと注意点について見ていきます。

ユニットバスはシステムバスとも呼ばれていますが、要するに浴室全体が既製品や規格品という事になります。

あらかじめパート毎に出来上がった製品を組み上げていきますので、工事が簡略化出来、材料の加工も工場で行う為に品質が安定していて、その分材料や色柄に多くのバリエーションが有って、多種多様の中から選ぶ事が出来るのが大きなメリットです。

期待できるユニットバスのリフォーム選びであなたの手助けをします。

そして保温性も高く、最新の設備を使えますし、手入れが楽な汚れにくい材質になっているものが多いので、リフォームの効果を実感しやすいのも特長です。

金額も工事費込みでいくらと料金設定が分かりやすい点も良い所です。

一方、注意しておく所は、元の浴室の形状が特殊であったり、天井が高すぎる場合や、新しい扉の開閉がしにくい間取りなど、建物自体を一部改修しないといけない場合が有りますので、業者に現場をよく確認してもらって相談しながら見積もりしてもらうのが大事です。

また、元の浴室がユニットバスなら、同じサイズでリフォーム出来ますが、在来工法の浴室の場合は、浴室の解体が必要な場合が有りますし、解体しない場合はサイズの小さいものを選ぶ必要が有ったり、元の設備との接続のしやすさなどで工事の範囲が変動します。

ですから、工事の規模やその後の快適性を十分検討したうえでリフォームを考えるのがポイントです。