マルチサイクロンの特徴

  • 熱交換器を説明します

    • 熱交換器はさまざまな企業のさまざまな設備で使用されています。熱交換器の持つ機能は高温の流体がもっている熱エネルギーを低温の流体に与えるための設備です。

      また、液体から気体へ、逆に気体から液体へ熱を与える場合もあります。
      熱交換器の形式には、二つの流体の間に隔板のある隔板式と熱を蓄熱器を介して伝える蓄熱式、二つの流体が直接接触する直接接触式とがあります。

      熱交換器の特徴についてをいくつか紹介しています。

      直接接触式では熱の伝導率は非常によいのですが、流体または気体が混合してしまうので完全に分離が可能な場合のみに使用されます。

      蓄熱式は多孔性の材質または、波状の金属板を重ね合わせた回転蓄熱体を二つの流体の中を交互に通過させて熱を交換する方法で、熱伝導率は大きく小型化できるのですが、やはり二つの流体が混合する欠点があります。



      直接接触式隔板式は二つの流体が完全に分離しているので、単位面積当りの伝熱量に限界があり、伝熱量に比して大型になってしまう欠点があります。

      しかし直接接触式隔板式は二つの流体が完全に分離しているため混合せず、化学工業、食品工業、燃焼ガスで加熱するボイラーに使われるなど、さまざまな分野で使用されているもっともポピュラーな方式です。伝熱面は金属管が一般的で、二重管式やシェルアンドチューブ式などが普及しています。

      それぞれにメリットとデメリットがあるので使用条件を検討して選定する必要があります。


      熱交換器を扱っているメーカーのホームページや担当者からメリットとデメリットの知識を十分確認して選定してください。



  • 熱交換器をよく学ぶ

    • アルカリ洗浄液は家庭だけでなく工場などの油汚れも落とすことができます。一般的な洗浄液との違いは通常使われているものは界面活性剤という種類のもので、汚れを包み込んで落とします。...

  • 1から学ぶ熱交換器

    • アルカリ洗浄液は、最もポピュラーな金属用の水系洗浄剤です。アルカリ金属水酸化物や水溶性金属塩などの無機系の補助剤と界面活性剤、キレート剤などを主成分としています。...

  • 熱交換器の意外な真実

    • マルチサイクロンは、小型のサイクロンを複数搭載したものです。ボイラーの煙道のガス中に含まれる飛散灰の除去などに多く使用されています。...

  • 熱交換器の知っておきたい情報

    • マルチサイクロンという遠心分離プレフィルターがあるのですが、これは水中の汚れを遠心力で分離するものです。水よりも重い汚れを取り除くことができます。...

top